『鉄コン筋クリート』 自分にないネジをもっている誰かと。


自分の好きな映画を誰かに薦めて、その人がそれを観てみてくれたら嬉しいし、その映画をイイと思ってくれたら更に嬉しいものです♪
f0105276_21175662.jpg

私の好きな映画の一つ、松本大洋さんの
鉄コン筋クリート」!

背景美術や世界観がスゴイ映画!まだの人には是非一度観てみてほしいです。



数年前、私は友人にこの映画を薦められました。この映画は、ちょうどその日の深夜に奇跡のタイミングでTV放映されていたのでした!TVをつけたら ちょうどこの映画がはじまるという嘘みたいなNICEタイミング!!! 早寝早起きしていた私がたまたま夜更かししていて、寝る前に何の気なしにTVをつけたってのも奇跡!(面白くてついついそのまま観始めてしまい……朝方まで起きていることにw)

いま確認したら2年前にも鉄コン筋クリートの記事を書いてました∑(゚Д゚ )





先日 久々に観て、たくさん新しい発見をしました。そして新鮮な気持ちで感動(~_~)♪
f0105276_22491538.jpg

舞台は、義理と人情とヤクザの町「宝町」。レトロです!日本の下町、中華街、アジアのどっかの裏路地などをMIXしたような、何とも言えない味わい深さです。ごちゃごちゃして薄汚れてるのに、その年季の入った感じも、細かさも、色彩も、すごく綺麗で・・・さらに懐かしさもあります。宝町、その世界観は とても魅力的です。
f0105276_2250253.jpg

主役は、宝町で生きる野良猫みたいな 二人の悪ガキ「クロ」と「シロ」です。この2人の 唯一無二で 絶対的な絆が、まぶしくて、切なくて、あたたかいのです(~_~)


事件に巻き込まれて 引き離されたことによりお互いにバランスを崩して崩壊していく時に、シロが じぶんの胸を指さしながら言った『 クロのたりないネジ、シロが全部持ってる 』って言葉が、胸に響きました。

相手に足りないネジをお互いに持っている二人。クロにとってはシロが、シロにとってはクロが絶対必要不可欠な存在だったのでした。



人は誰しも完璧ではないからこそ、そこを補い合える「自分に足りないネジをもつ誰か」が 必要なのかもしれません。もしも、自分にとってのクロ(もしくはシロ)と出会えたら………それは奇跡。ずっと大切にして絶対に手放しちゃダメだよ♪

by Nana
by 7satake | 2011-06-05 21:07 | EAT<OUT>