花月の日の下町迷走( ;∀;)

f0105276_16542461.jpeg

今日の茶道稽古は七事式のひとつである花月でした。花月とは、茶道修練のために五人一組でするゲームのようなもの。クジ引きのように引いた木札で、お点前する人とお茶を頂く人が決まります。クジ運によっては、ずっとお茶を点て続けることになったり、お茶を飲み続けることになったり、逆に一度も飲む機会がなかったり……全ては予測不能です。臨機応変さと、空間全体が同時進行の流れるようなリズムを要求されるお稽古です。


わたしは今回が2度目の花月参加でした。花月の本を読んで予習復習して行きますが、見るとやるとでは大違い。頭で理解したつもりでも身体がその通りに動くわけもなく、今回もスムーズに動くことが出来ませんでした。

f0105276_16544656.jpeg


……と、そんなことより!


いつも茶道の稽古や茶会では、開始時間より早め早めに会場入りするというのがお約束です。茶会には30分前には会場付近で待機するし、普段の稽古も10分前には建物下で控えます。


今回は花月なので、気合いを入れていつもより早く到着せねばということで、早々に着物の着付けを済ませ、いつもより30分早く家を出ました。場合によっては稽古場近くのカフェで時間を潰そうかなという余裕をもった行動です。


浅草近くの稽古場までバスと電車を乗り継ぎ50分。車だとその半分以下の時間です。念には念をということで、30分前に家を出ただけでなく、更に早く着くべくタクシーで向かうことに。しかしこの判断が大大大失敗だったのでした。


いま下町は三社祭の真っ最中!細い道は進入禁止になり、普段は四車線の道路も一車線になり、こちらからの車も対向車も同じ一本の道路を交互にスレ違いながら使う状態。信号が青でも全く進まない!タクシーを途中で降りて歩くには目的地は遠すぎるし、近くの駅を探すにも祭の人混みが凄すぎて道路が満員電車状態、、、刻一刻と時間だけが過ぎて行く。


おまけに御神輿で封鎖された道をぐるーーーっと迂回したら、なかなか曲がれる道がなく直進するしかなくなり、気がつけば遥か遠い地へ、、、(涙)


結局、稽古場に到着したのは花月開始時間ジャストでした。おまけに稽古場の時計は10分ほど進んでいて、ドアを入ると遅刻に輪をかけた遅刻でした。茶室では長らくお待たせしてしまった先輩方が既に配置についておられ、本当に穴があったら入りたい気持ちでした(T_T)


1時間近く早い到着の予定がまさかの遅刻。寝坊したわけでもなく、事故に巻き込まれたわけでもなく、ちょっとした自分の選択ミスで。。ガックリ落ち込みましたが、せっかく花月に参加させて頂き勉強することができたので、感謝を胸に気持ちを切り替えてゆかねばと思います( ͡° ͜ʖ ͡°)

by NANA



.



.


by 7satake | 2018-05-20 17:00 | きもの♡ | Comments(0)