梅仕事ふたたび。

f0105276_02064986.jpeg
黒い斑点は無農薬の証☆↑

先日に引き続き、新たに取り寄せた南高梅5kgで梅干しを仕込みました。今年も梅干しの塩分は15〜17%くらいです。
f0105276_02180879.jpeg
翌日には梅酢が上がり始め、数日経てば梅が全てすっかり浸るほどたっぷりの梅酢が抽出されます。赤もみ紫蘇(塩漬)を入れる前に、透き通った梅酢を半量ほど取り出します(←白梅酢!)梅干し作りの副産物です。赤もみ紫蘇を入れたあとには梅酢も赤く染まります(←これが赤梅酢 )それぞれ瓶詰めにして冷蔵庫で保管。身体に良くて美味しい梅酢、料理にも使えてとても便利です☆



梅干しの仕込み、仕事の合間や就寝前のひとときにサクッとできちゃうくらいに実は簡単です( ͡° ͜ʖ ͡°)ザッと書くとこんな感じ↓

[準備]漬けるための容器は消毒しておく。梅や塩は計量しておく。梅を優しく洗う→ざっと水分拭き取る→爪楊枝でヘタを取る→ヘタのくぼみに塩を押し詰める→容器に塩と梅を交互に置き並べていく→重石をのせる(と書いたけど乗せたり乗せなかったり)

(梅酢が上がってくる)

毎日様子をチェック→容器をぐるんぐるんと回しつつ揺すり、梅の実に梅酢を行き渡らせる→ココで梅酢とりだしてもOK→赤シソ(塩漬)を加える→梅が色付く→土用干しする(赤シソも一緒に干すと"ゆかり"になる)→場合によっては干した梅を梅酢に戻し漬けて、また天日干しする…を繰り返しても良い。

というわけで、こんなふうにして毎年
その年の梅干しが出来るのでした♪
by NANA




.







by 7satake | 2018-06-09 00:54 | EAT<IN> | Comments(0)