初・漆掻き!

f0105276_00551652.jpeg
そういえばの事後報告的な投稿になりますが、先々月に友人に誘われて漆掻きを体験してきました。漆掻きというのは漆の木から漆を掻き取る作業のことです。


先々月に漆かぶれしたという記事を書きましたが、そのかぶれも治りきらないうちに漆掻きに行ったので、家族や友人達からはどんだけ漆が好きなのかと呆れられてしまいました^ ^;

f0105276_01062265.jpeg
場所は、茨城県大子町の山奥!漆掻き職人さんのガイドで、危険な山の斜面際やつるつる滑る泥の凸凹山道などをずんずん進み、漆の木が群生しているところへ。


見様見真似で漆掻きを初体験しました♡
f0105276_00542741.jpeg

年季の入った漆掻きの道具一式↓
すべて手作りとのこと!∑(゚Д゚)
f0105276_00574382.jpeg
鎌のような道具のサイズ感はこんな感じ↓
(けっこうダイナミックです)
f0105276_00555049.jpeg
彫刻刀のような道具で木を彫るように傷付けてから、
f0105276_01270875.jpeg
じわじわ出てくる樹液をすくい取り
専用の容器に集めてゆきます。

想像以上に地道な作業です!
f0105276_00553438.jpeg

漆の葉っぱをポキッと折ると白い汁が出てきますが、少し時間が経つと白から焦茶色に変化します。それはまさに普段わたし達が金継ぎなどで使っている漆そのものでした↓

もちろんこれを素手で触ったら大惨事です(>_<)。言うまでもなく、かぶれ防止にはビニール手袋や軍手が必需品!
f0105276_01093520.jpeg
今回のこの漆掻きは、日本の漆文化の未来に向けた活動(植樹をサポートしたり)をしている方が企画して下さったものでした。本当に貴重な体験をさせて頂くことができ、お声がけ下さった友人にも心から感謝しています。

いつもお店で購入して当たり前に使っているチューブ入りの漆も、こうして漆の木が分けてくれる樹液からなるものだし、それを集めてくれる漆職人さんがいてくれてこその物なのだなぁ……としみじみ実感しました( ´ー`)
byNANA



.



by 7satake | 2018-11-04 23:59 | LIFE | Comments(0)